HOME木村眼科ブログ大人も子どもも目の病気は早期発見が肝心です

木村眼科ブログ

大人も子どもも目の病気は早期発見が肝心です

2017/03/09

普段見えることが当たり前のように感じている私たちですが、全員が視力をうしなったり、手術が必要になったりする可能性を持っています。

大人の場合、自分で目の異常に気づくことはわりと簡単です。
今までとは違う見え方、疲れが続くなどの目から出るSOSサインを見逃さなければよいのです。
大したことないなどと思わずに、気軽に眼科を受診してください。

一方、小さなお子さまの場合、気づくのが遅くなるケースがままあります。
本人が痛みを訴えることが上手にできない場合や、生まれつきの弱視だとそれが普通に感じていることもあるのです。

小児の弱視は3歳くらいまでに発見できればかなりの確率で治療できます。
お子さまの普段の行動をよく観察し、違和感があればすぐに豊中市にある当院へご相談ください。

最近の投稿

カレンダー

2018年12月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

目のことでお悩みでしたら
お気軽にご相談ください

これまでの経験により、幅広い症状と年齢層に対応し
検査から手術、術後のフォローまでしっかりとサポート致します。

木村眼科医院ブログ