HOME木村眼科ブログ斜視と弱視はお子さまに多い目の病気です。

木村眼科ブログ

斜視と弱視はお子さまに多い目の病気です。

2017/03/09

豊中市にお住まいのみなさま。
寒い日が続きますがいかがお過ごしですか。
当院は地域の方々を大切に思う眼科です。
親子3代でお越しの患者さまも多く、実績があります。

そのため当院には小さいお子さまもいらっしゃいます。
お子さまに多い目の疾患として、斜視と弱視が挙げられます。
斜視はできるだけ早く手当をすることをお勧めします。
プリズム入りの眼鏡を使うなど、生活の中でできる治療もあります。
弱視は視力が安定する8歳までに治療をすることが望まれます。

お子さまの見え方について保護者が気付くことは少なく、検診でわかるケースが多いのですが、日頃からお子さまの物を見るときの様子や、写真を見て視点をどう併せているかなどを観察されると早期発見につながります。
心配なことがあれば、専門医にご相談ください。

最近の投稿

カレンダー

2018年12月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

目のことでお悩みでしたら
お気軽にご相談ください

これまでの経験により、幅広い症状と年齢層に対応し
検査から手術、術後のフォローまでしっかりとサポート致します。

木村眼科医院ブログ