HOME木村眼科ブログ緑内障は早期発見、早期治療が大切です。

木村眼科ブログ

緑内障は早期発見、早期治療が大切です。

2017/03/09

緑内障とは、眼圧が上がることによって視神経が圧迫され、視野が狭くなったり部分的に見えなくなったりする病気のことです。
中高年の方に起こる代表的な眼科の病気ですが、最近は発症が若年化され40歳以上の20人に1人は患っていると言われています。

一度障害を受けた視神経は回復することはないため、緑内障を完治させることはできません。
ですから早期発見、早期治療が大切です。

当院では、光干渉断層計を採用していますので、早期に緑内障を発見することができます。
緑内障の初期は自覚症状を感じないことがほとんどですので、定期検診などで異常が見られたら、必ず眼科医を受診しましょう。
そして緑内障と診断されれば、進行を遅らせる目的の治療を行います。
緑内障の不安がある方は、まずはお気軽にご来院ご相談ください。

最近の投稿

カレンダー

2019年11月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

豊中の眼科なら岡町駅徒歩すぐ

住所 〒561-0881
大阪府豊中市中桜塚1丁目7-1
アクセス 阪急電鉄宝塚本線岡町駅より徒歩2分
診療時間 【月・木・金】9:00~12:00/16:00~18:00
【火】9:00~11:30/16:00~18:00
【水・土】9:00~12:00
※受付は診療30分前より開始
休診日 日曜日・祝日

目のことでお悩みでしたら
お気軽にご相談ください

これまでの経験により、幅広い症状と年齢層に対応し
検査から手術、術後のフォローまでしっかりとサポート致します。

木村眼科医院ブログ