HOME木村眼科ブログ豊中にお住まいの子育てをしている保護者さまへ

木村眼科ブログ

豊中にお住まいの子育てをしている保護者さまへ

2017/03/09

子どもが生まれたら検診に行く機会が何度かあると思います。
子どもに多い目の病気は斜視と弱視です。
しかし、多くの場合見た目ではわからず、検診を受けた際に、医師に告げられる場合が多いです。

医師に斜視と言われたが、見た目では分からないし、まだ病院に行かなくても大丈夫だろう、と甘く考えてはいけません。
視力が安定するといわれている8歳前までに治療を行うことにより、生活に支障がないほどにまで見え方を改善することができます。
目の異常は早期治療が大切となりますので、もし斜視、弱視と言われたことがあれば早めにご相談ください。

当院は地域に密着し、多くの方々に親しまれてきました。
長年の経験を生かし、丁寧な診察を心掛けています。

最近の投稿

カレンダー

2018年12月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

目のことでお悩みでしたら
お気軽にご相談ください

これまでの経験により、幅広い症状と年齢層に対応し
検査から手術、術後のフォローまでしっかりとサポート致します。

木村眼科医院ブログ