HOME木村眼科ブログ

木村眼科ブログ

視力が下がってきたり、視界が欠けるなどの自覚症状は緑内障によくある症状ですが、初期の段階では自覚症状はほとんど感じる事がない病気です。 主に40代から老眼が始まる50代にかけての年代に多くみられるといわれていますが、昨今の食生活の変化から若年化も進んでいます。 緑内障の治療は、進行を遅らせる目的で眼圧を下げる点眼薬の治・・・続きを読む
豊中にお住まいで、白内障になり視力が低下した方や、健康診断で白内障と言われた方は、ぜひお気軽に当院へご相談ください。 白内障とは、カメラのレンズにあたる水晶体が白く濁り、目が見えにくくなる病気のことです。主に加齢に伴って発症し、80歳になるとほとんどの方に白内障の所見が見られるようになります。 白内障になっても、生活に・・・続きを読む
子どもが生まれたら検診に行く機会が何度かあると思います。 子どもに多い目の病気は斜視と弱視です。 しかし、多くの場合見た目ではわからず、検診を受けた際に、医師に告げられる場合が多いです。 医師に斜視と言われたが、見た目では分からないし、まだ病院に行かなくても大丈夫だろう、と甘く考えてはいけません。 視力が安定するといわ・・・続きを読む
花粉症の季節になると鼻水やくしゃみが止まらないとお困りの方が多くなりますが、目のかゆみに悩まされる方も少なくありません。 花粉症が原因で目がかゆくなる原因ですが、花粉が目に付着し、目が免疫反応を起こすことが花粉による目のかゆみの原因であり、かゆみのみならず充血する、涙が止まらないなどの症状があらわれるようになります。・・・続きを読む
暖かくなってきてとても過ごしやすくなりました。 しかし、同時に花粉症の方は憂鬱な季節となりました。 当院は花粉症はもちろん、アレルギー、ドライアイ、眼科全般の診療をさせていただいております。 成人病検査や、コンタクトレンズの処方も行っております。 近年はパソコンの普及に伴って、疲れ目やドライアイの方が増えてきています。・・・続きを読む
日頃私たちは生活をするうえで目を使って様々な情報を得ており、特に最近では携帯やパソコンといった物を長時間使用し、眼精疲労やドライアイといった目のトラブルも多くなりました。 また、加齢によるものでは白内障やご自身では気付きにくい緑内障も多い病気の1つです。 目に何かしらトラブルがあっても実は大きな病気が原因の場合もありま・・・続きを読む
皆さんは、緑内障という目の病気をご存知ですか。 これは、目の中の圧力が高くなることによって視神経が圧迫され、視野が欠けてしまう病気です。 この病気の怖いところは、自覚症状に乏しいこと、そして一度失った視野を取り戻すことは難しいという点です。 国内の失明原因の上位に入っている病でもあります。 実はこの緑内障、四十歳以上の・・・続きを読む
豊中市にお住まいのみなさま。 寒い日が続きますがいかがお過ごしですか。 当院は地域の方々を大切に思う眼科です。 親子3代でお越しの患者さまも多く、実績があります。 そのため当院には小さいお子さまもいらっしゃいます。 お子さまに多い目の疾患として、斜視と弱視が挙げられます。 斜視はできるだけ早く手当をすることをお勧めしま・・・続きを読む
パソコンやスマートフォンなど、私たちの生活に欠かせないツールは、目を酷使してしまいがちです。 通常の睡眠や休養で改善できればよいのですが、改善できず視界がぼやけたりかすんだり、また頭痛や嘔吐を引き起こしたりといった辛い状態になりましたら、疲れ目ではなく眼精疲労となり注意が必要になります。 また最近、ドライアイにお悩みの・・・続きを読む
ドライアイになると、目が乾いて疲れやすい、ゴロゴロする、かすんで見えるなど様々な症状が現れます。 通常は乾いたりゴミが入ったりと目が刺激を受けると、神経伝達により涙が分泌され目を保護しますが、ドライアイの方はこの流れがうまくいかず、涙が分泌されにくくなっています。 そのため目が保護されず、角膜を傷つけやすくなるのです。・・・続きを読む
2 / 512345

最近の投稿

カレンダー

2018年12月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

目のことでお悩みでしたら
お気軽にご相談ください

これまでの経験により、幅広い症状と年齢層に対応し
検査から手術、術後のフォローまでしっかりとサポート致します。

木村眼科医院ブログ