HOME小児眼科

小児眼科

生まれつきの見え方は、なかなかわかりません。
早期に専門医の治療を受けることで心に傷を受ける前に治せます。

早くみつけ出さねばいけない病気

多い疾患は、斜視と弱視です。

  • 斜視・・・・・・片方の目は、視線が目標とする方向に正しく向いていますが、もう片方の目は、内・外側、あるいは上・下に向いている状態です。
  • 弱視・・・・・・8歳くらいまでの間に、網膜上にきちんとした像が結ばないため、視力が成長していない状態です。

近視、遠視は網膜上に結ぶ像の焦点が合っていない状態。
乱視は、像が結ばれる網膜が波打っているなどの体質で、像が乱れている見え方の状態です。
ものの見え方の異常は、保護者が気付くことは難しく、3歳半検診や幼稚園検診などで見つかることがほとんどです。
就学時までに治療を行えば、生活に支障がでないように回復できます。

斜視は、両眼視のことを考えると、できるだけ早い対応がよいでしょう。
プリズムが入ったメガネを使うなど、生活の中で行える治療法もあります。
弱視は視力が安定する8歳までに治療をすることをおすすめしております。
ごくまれにですが、治療中に若年性の白内障・緑内障がわかることもあり、これも早期の治療が有効です。
斜視や片方の目だけが弱視である場合には、お子さまの日頃の行動の中で、ボールを投げる・受ける・蹴るなど、遠近感を把握した運動が苦手になります。
お子さまの見え方の様子や、写真で視点をどう合わせているかなどを観察されることは、早期の発見につながります。

目のことでお悩みでしたら
お気軽にご相談ください

これまでの経験により、幅広い症状と年齢層に対応し
検査から手術、術後のフォローまでしっかりとサポート致します。

木村眼科医院ブログ